コラム ノンセクの出会い

ノンセクが「ビアンバー」に行って驚いたこと6つ

2020年5月27日

前回の記事で
ビアンバーに行ってみた記事を書きましたが、

にわ
では実際に行ってみて
リアルなところどうだったのか

良かった点驚いた点
ノンセクの私の視点から
個人的な感想を綴っていきます。

※ただ、あくまで主観的な感想なので
 その辺りはご了承ください。 

年齢幅がかなり広い

 自分の勝手な想像で
 この界隈は20代後半~30代
 同年代の人が多いのかな
 という印象を勝手に抱いていたのですが
 実際全然そんな事ありませんでした!

 学生の方もいれば親世代の方もいて
 かなり年齢幅が広く
 話を聞いていてとても興味深かったです。

 常連さんの話によると
 こういうバー自体も最近になって店舗が増えてきて
 お客さんも増えてきたらしく
 母数は少ないものの、客層は変わってきた等々
 若い子から話を聞くと、
 今じゃ学校でもLに関する授業があったり
 理解は進んでいる等々
 色んな世代から色んな話を聞いて
 自分自身初めて知る事だらけでした(笑)

界隈は狭い

 どこの店舗へ行っても
 お客さん同士が知り合いのケースがかなり多く
 顔見知りの人たち同士の掛け合い
 とても多く見受けられました。

 それほど常連さんの数も多ければ
 オーナーさんとの繋がりも深い様に思えました。

 やはり母数が増えているものの
 決して多くはないこの界隈なので
 店舗数も限られているし
 あ、なんか名前だけ聞いたことあるな~
 あの人どっかで見たことある…って瞬間が

 多々ありました(笑)

 界隈内でも店舗でのオフ会や
 イベント行事に携わっている人とかもいたりして
 顔の広い人はめっちゃ広いし
 すごいなと思いましたね。

 自分は狭く浅くひっそりと活動したい派なので
 あまり積極的にはいかないながらも
 自分のペースで人脈は広げていけております。

喫煙者が多い

 これはかなり思いました。
 何故なのか理由はわからないんですが
 高確率でどこの店舗にもいらっしゃる
 オーナーさんも確率として高い気もします。

 個人的には好きか嫌いかで言うと嫌いなので
 匂いには少しダメージを喰らうこともありました。

 別に見た目がボイ寄りの人が多いとかいう訳でもなく
 この界隈の人たちの中で見たら
 比較的多いのかな~という印象です。

 ほんとに私個人としては
 メリットが見当たらないので謎ではあるんですが
 吸ってる姿が凄くかっこいい人も確かに中にはいました。
 でもそれ以上に副流煙、、、!ってなっちゃうタイプなので
 とことん「バー」が向いてねぇなと思いました(笑)

カップルさんは同棲しがち

 これ、偏見も入ってるかもしれないんですが
 この界隈のカップルさんは
 同棲している人が多いな
 ただ、同じ界隈内の人もそう言ってたので
 間違いではないのかなと思います(笑)

 まぁ確かに家賃浮いたり
 異性と住むよりはスムーズ
 進んだりするのでしょうか?知らんけど←

 兎にも角にも同じ家の中に住んで
 常に一緒にいるってこと自体が
 自分には合ってないので難しいのですが

 そうして同じ時間をずっと共にできるのは
 別に性別関係なく、すごいな~
 感心します(笑)

オフ会が多い

 どこの店舗でも「オフ会」が多く開催されていました。
 毎週くらいの頻度で
 20代限定オフ~や、
 ボイ/フェム好き限定~等の縛りを設け

 出会いたい人に出会えるオフ会から
 コナン好きオフや人見知りオフ、
 それこそノンセクオフ会等

 自分も参加したことで人脈を広げることもできたし
 この「オフ会」はホントに貴重な経験になったし
 そういう場を提供して下さったオーナーさんには
 本当に感謝でしかないです。

 ただ、よく見られるのは〇〇好きなどの
 見た目縛りのものだったり
 そこに参加したら必ずと言っていいほど
  「タチ」か「ネコ」かを聞かれる

 という声も多く聞いたので
 その辺りは少しノンセクの自分からすると
 引き目を感じてしまう部分でもありますね。

 それってやっぱり聞いとかないといけない事なんだ、、って
 今の自分にはわからない部分ですね

 

県外からの人が多い

 一番驚いたのが、県外からの方が多いという事です。
 お仕事の都合出張時に来られて居たりとか
 大阪に遊びに来たついでにとか
 やはり行きたいと思える居場所になっているんだな
 ひしひしと思いました。

 自分にとっての行きつけのお店
 私もこれまでそんなお店なかったので
 ※地元のファミレスとかは別として←
 そういうお店が出来たのは嬉しい限りです。

 行きたい時に足を運んで
 そこに集うと会いたい人たちがいる空間
 自分が自分で居れる場所って、いいですよね。

まとめ

 ここまで主観的に6つの
 驚いた点、引き目を感じた点を挙げました。

 自分がノンセクだから
 ということもあるでしょうが

 性格上な部分も結構大きいですね。

 恐らくお酒も飲めないし、たばこも吸わない
 そしてあまりワイワイし過ぎているとしんどい。と
 もうそもそも「バー」に向いてない(笑)

 そういう自分の性格だからこその
 引き目を感じてしまう部分もあります。

 でもそんな雰囲気が苦手な方でも
 比較的行きやすいお店もあるので
 また後々紹介させて頂ければと思います!

 ほんとにお店の雰囲気は
 その場にいる人たちの雰囲気とマッチしてて
 ワイワイ盛り上がる系のお店
 静かにお酒飲みながら話す系のお店
 ただただ料理を楽しむお店
 などなど

 色はそれぞれあって、だからこそ
 自分が良いなと思ったお店に行けば
 似たような人に出会える可能性も
 かなり大きいはずです!

 私も最近行きつけのお店で
 同じノンセクの方と遭遇し
 かなりびっくりしましたもん(笑)

 一歩踏み出せば
 新しい楽しい世界が広がって
 色々と戸惑う部分もありつつも
 意外と身近に同じ価値観の人がいたりするの
 是非、皆さんも行ってみてはいかがでしょう。

-コラム, ノンセクの出会い
-, , , , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.