コラム

「ノンセクシャル」を自認してよかったこと6つ

2020年4月20日

自分がノンセクシャルだからと言って
世間体のズレ、理解されない事、不自由なこと
マイナスな面は沢山あるものの、
それだけではありません!

今回は前回書いたノンセクと自認して悩んだこと
その反対に!

にわ
ノンセクと自認してよかったこと
書いていきますよー!

少し無理やりにはなりますが(笑)
そしてノンセク関係なくそう思えよ!
って部分もあるかと思いますが
そこは大目に見てください(笑)

自分一人がおかしい訳でなかった

 「ノンセクシュアル」
 この言葉を知る前は周りと価値観が全く違う
 自分に違和感を抱きながら我慢して
 偽って周りと合わせて生きていくのが普通
 と思っていましたが、
 この総称を知ることで

 そもそも自分自身だけが変な訳でなく
 世の中に自分と同じような人がいるんだと知れました。

 安心感にもつながったし

 自分自身を知れたことがかなり大きいです。

他のセクシュアリティを知れた

 ノンセクシュアルのみならず
 他のセクマイも知れた事によって
 もっと理解が深まったし
 変な偏見も吹っ飛んだし

 出会う人達のセクシュアリティを
 理解した上で仲良くなることで
 かなり色んな人達の考え方を知ることが出来ました。

同じ価値観の人と出会えた

 自分自身のセクシュアリティを知った事で
 同じ「ノンセク」の人たちとも繋がりを持てて
 大人になってからこんなにも
 理解し合える人たちがいるのか!と感動しましたし
 一生ものの人間関係も築けました。

 この出会いが最も自分にとっての
 財産になって様に思えます。
 一人じゃないってすごく生きやすい!

真剣に将来のことを考えれた

 自分も学生時代は
 誰かと付き合って結婚して
 子供産んで、家庭を築いていくんだろうな~と
 漠然と思っていたのですが、、、
 その願望がない、それが自分にとっての
 幸せではないと気付いてしまい

 自分は違う方向で幸せになるにはどうしよう~と
 同じように悩んでる人達はどうしてるんだとか
 色々と将来的な事を考えるようになりました。

自立心が高まった

 また、生涯一人で生きていく事を考えた事により
 もっと一人でできる事を増やそうと思い
 一人暮らしを始めたり
 このサイトを開設したり
 オフ会に参加して人脈を作ってみたり
 何かと活動的になりました。

 ただ将来的には独りではなく
 誰かと生きていきたいとは思ってるんですけどね(笑)

自分とより向き合えた

 世間とは違った恋愛観や欲求を
 「ノンセクシュアル」というセクシュアリティと
 気付けたことで、自分のことをより理解
 同じ境遇の人の話を聞くことで
 色んな形があって、生き方があることを知れました。

 世界が広がりましたし
 色んな可能性があるんだと思えました!

まとめ

自分がセクシュアルマイノリティだからといって
周りと違うから変なんだと消極的になったり
我慢して無理やり周りに合わせたり
マイナスな方向に進みがちなのですが、

自認して、自分だけじゃないという安堵と
別に変じゃない。それが当たり前の人もいる
割り切れたことでかなり楽になりました!

何かわからずに閉じこもるよりも
自分自身を知って
そして同じ人達と繋がりを持つことで
世界も広がるし、幸せを感じられるはず。

それぞれがそれぞれの幸せの形を持っていて
必ずしも世間一般的な幸せが
誰しもに当てはまる事はない

一人でも多くの人がこういう柔軟な考えになって
将来の選択肢も広がればいいなと思いますね。

-コラム
-, , , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.