コラム ノンセク用語

自由な家族の形”レインボーファミリー”とは?

2020年7月13日

皆さんは”レインボーファミリー”という
新しい家族の形をご存じでしょうか?

にわ
最近よく将来の暮らしについて
妄想することが多いのです。。。

前々回には阿佐ヶ谷姉妹のお二人の暮らし方について
つらつらと語って参りました。

それとは別に、
こういう暮らし方はどうだろう?と最近思ったんです。

まずはこの記事を読んでみてください。
”急増する「レインボーファミリー」とは”

まずこの「レインボーファミリー」とは?という部分で
フィンランドには、
「レインボーファミリー」
と呼ばれる家族の形があるんです。

”レインボーは、LGBTのシンボルカラー。
レインボーファミリーは、
広義には少なくともカップルの一人が、
自分をLGBTと感じている人の家族を指す。
より狭い意味では、同性カップルの家族を指して使われる。”

この記事の中ではこう綴られています。

要は同性カップル同士で家庭を築いていく。
はたまた同性カップル+異性の友人で築いていく。
今、当たり前とされている
異性間での恋愛結婚という概念が
覆るような、家族の形ですよね。

性別にかかわらず、恋愛にも興味もなく
そういった行為なんて甚だ無理で
ただ将来的には誰かと一緒に歩んでいきたい

そんなぼんやりとした理想を持つ私からすれば
こういう家族の形もとても理想と思えるものです。

国内でもきっと子供が欲しいけど結婚はしたくない
そんな同性カップルが沢山いるとおもいます。 
別にカップルでなくとも、一人で育てていきたい
そう思う人も少なくはないと思います。

今日本では、こういった
レインボーファミリー
という形の家族は多くはないと思います。
そしてこんな形をとると
否定的な意見ばかりが来ると思います。

結婚するもしないも
子供を産む産まないも
誰かと生きるも一人で生きるも
その人が幸せならそれでいい。

必ずしも異性で恋愛をして
結ばれて結婚して、
そして子供を産むという選択が
全人類の幸せとは限らない。

そしてそこに”恋愛”が必要かどうか
それだって人それぞれなんです。

だからいつか、
日本でもこの家族の形を
選択肢の一つとして自由に選択できる

そんな世の中になればいいなぁと
私は思います。

ただ、世の中が変わるのを待っていても
老いて死ぬだけだとも思うので(笑)
自分が実例となって、
選択肢としてある例を知ってもらう。

というのも一つなのかな。なんて
思ったりもする今日この頃でした。
ちゃんちゃん。

 

-コラム, ノンセク用語
-, , , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.