コラム ノンセク診断

【anone診断】ノンセクの私の「こころの性」について

2020年5月17日

以前、ノンセクの私が
診断ツール「anone」にて

自分のセクシュアリティを診断した際に
「こころの」「恋愛志向」
「性的志向」「表現したい性」

この4つの観点から診断結果と特徴が出ました。

それぞれの観点を深堀して
綴っていければと思います。

にわ
まず初めに「こころの性」について

前回の診断結果により出てきたのは

「シスジェンダー」

この結果でした。

シスジェンダーとは?

 体の性とこころの性が一致している。
 それがシスジェンダーと呼ばれる総称です。

 普段何気なく私たちの使っている男性や女性
 このアイデンティティにも名前があるんですね。
 確かに自分は別に「女」であることに
 これまで違和感を持ったことはない。
 のは確かです。

デミジェンダーとは?

 ただ「女らしさ」を大事にしたことは一度もない
 「かわいい」よりも
 「かっこいい」と言われた方が嬉しい

 一般的に言う「女性っぽさ」は、
 見た目も考え方も
 自分にはないのかなと思ったりもします。

 こういう曖昧な性別の捉え方を
 「デミジェンダー」というらしいです。
 自分はもしかするとこれに当てはまるのか?
 とも思ったりしました。

クエスチョニング

 クエスチョニングとは、
 自身のセクシュアリティが
 どのようなものか悩んでいる、
 もしくは意図的に決めていない状態
 セクシュアリティを指します。

 このクエスチョニングも
 自分自身当てはまる部分があるかもしれないです。

 正直わかってない部分もあれば
 当てはまりたくないという気持ちもあります笑

その他のジェンダーについて

 では、自分が当てはまりそうな
 「こころの性」以外で
 どんなジェンダーがあるのか
 見ていきましょう。

(狭義の)トランスジェンダー

 このトランスジェンダーとは
 実はとても広い概念であり、
 その中でも「狭義」のトランスジェンダーとは
 他者から見られる性と性自認が異なる
 セクシュアリティを指します。

 なので、周りからは女性と思われるが
 自分では男性だと認識している、
 という場合が、当てはまりますね。

Xジェンダー

 Xジェンダーとは
 自分のことを男性/女性のどちらか
 と思っていないセクシュアリティを言います。
 
 例えば
 不定性:ある時は女性、ある時は男性とし
     流動的な自認を持ちます
 中性:女性と男性の間と自認している
 両性:女性かつ男性と自認している
 無性:女性でも男性でもないと自認している
 これらが挙げられます。

まとめ

 ジェンダー、心の性について
 別に女らしく、男らしくある必要は
 いずれにせよないと思ってて、
 別に、その人がその人らしく生きて
 楽しく日々を謳歌できていれば
 「らしさ」なんて
 性別に縛られる必要もないと思います。

 その人個人の「らしさ」が出ていれば
 女だろうが男だろうがそれ以外だろうが
 その人自身としての魅力が出てたら
 一番いいんじゃないか。

 周りがどうこう言う必要もないし
 決めつける権利もない。

 もっと自由に個人個人が
 自分らしく輝けるような世界に

 なっていけばいいんじゃないかって
 そう漠然と思ったりします。

 難しく批判するつもりもないです。
 ただただ自由に楽しく一人でも多くの人が
 自分のアイデンティティを
 誰にも邪魔されることなく

 主張できる生き方が出来たら。って思うんです。

 

-コラム, ノンセク診断
-, , , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.