コラム ノンセクの出会い

今話題のセクマイも集う”アセクカフェ”に行ってきた話

2020年10月2日

実は先日、、最高なオフ会に引き続きまして
セクマイ界隈のTwitterで話題になっている
京都にあるアセクカフェに行ってまいりまして、、、

それはそれは最高に楽しく、居心地の良い
学びも多く、面白い1日になりました。

これは勝手に記事にすべく
綴って参りたいと思います。

そもそも”アセクカフェ”って何?

 そもそも”アセクカフェ”とは?

 実は「アセクシャル」の方向けのカフェ、というよりは

 お店の入店条件として
 『お客様同士が、性的発展をしない事』
 という条件を掲げておられて

 特に「セクシュアリティ」は問わない。
 「アセクシャル」以外の方でも入店可能なお店となってます。

 これまで女性専門のバーやミックスバー等はあったものの
 この更にマイノリティな部分にフォーカスした
 お店というのは見たことも無かったので、
 かなり興味が湧きましたし、
 Twitter内でもかなり話題性は高かったです。
 ▶”アセクカフェ雲”さんのTwitter情報はコチラ

行こうと思ったきっかけは?

 私自身はこれまで
 自分自身を「ノンセク」と称しており、
 先日記事でも書かせて頂いた通り
 ▶ノンセクとアセクの間違った認識と表現について

 「アセクシャル」という総称をほぼ同義と認識し
 同じ「ノンセク」のお姉さま方をお誘いし、
 一緒に行こう!という流れになった所存です。

どんな場所で開催された?

 お店の場所自体は
 個人的にも大好きな京都の方にありまして
 入口は少し発見しづらいのですが
 あるお店の2Fスペースにあり
 内装がまぁオシャレなことなんのって。
 めちゃオシャな温かい空間でした。
 が沢山ありました(真相は直接お店で!笑

 因みにお店に行く前は
 お姉さまのお車でしっかり京都観光楽しみまして
 普通に充実してましたヤッホゥ

どんな人たちが集まった?

 最初は7名程で、
 私たちがおばさん3人組で突入したので
 若干陣取った感があったのですが

 暫くすると、休み前ということもあり
 ちょくちょく人が増えてゆき
 最終的には10数人にまで及び、
 オーナーさん曰くこれまでで最多だったようで!

 殆どが女性の方で、年齢も20~30代という部分は
 これまでのオフ会と同じく
 変わらずの層が多かったですね。

 個人的には先日参加したオフ会での
 顔見知りの方も何名かいたりして
 その場にいた中では一番顔が広かったのが
 少し勝手に恥ずかしかったです←

どんな話をしたのか

 最初は皆さん探り探りって感じで
 他愛もない話から始まりつつも
 やはり”アセクカフェ”という場所なだけあって
 大前提として全員似ている部分があるからこそ、
 かなり密度の濃いセクシュアリティについての話を
 それぞれが日々思う違和感と共に話していく。
 そんなスタイルでした。

 まぁ、殆どが共感と肯定の嵐でしたね(笑)
 そして皆やっぱり「生きにくい」んだなと(笑)

 ・異性に対しての嫌悪感について
 ・恋愛の当事者になれない問題
 ・カエル化現象について
 ・同性婚=少子化⇒意味不明問題
 ・可愛いと格好良さの定義
 ・パートナーとの将来について

 もう上記だけでも一つ一つ記事に出来そうな
 時には真剣な表情で、時には爆笑しながら
 密度の濃すぎる有意義な時間でした。

参加して思った事

 これまでは法人や個人・お店発信の
 集まりやオフ会等は沢山目にしてきたものの
 セクシュアリティ自体が
 お店の名前として入っているケースは
 初めてだったので、、

 驚きと感動と安心と
 色々な感情が渦巻きましたよね(笑)

 きっとこのお店の存在が
 もっともっと多くの人に広まって
 また、こういったお店自体が
 色んな場所に増えてきたならば
 救われる人も多いんじゃないだろうか
 心からそう思いました。

 自分も将来、人混みの少ないのどかな場所で
 パートナーと猫チヤンと一緒に
 のんびりカフェでも開きながら
 たまーにオフ会なんかしたりして
 そういう誰かにとっての居場所となれるような場所を
 信頼できる誰かと作っていければいいなと
 夢がまた一つできたような、
 それほど自分にとっても理想的な空間でしたね。

 絶対に!!!!!!!!
 また行きたい!!!!!!!←

 

まとめ

 多くの人に会えば会うほど
 自分が思っても無かった考え方や概念
 価値観について触れることが出来るので
 本当に聞いてて興味深いなと思える事ばかりでした。

 特に恋愛や欲求に関する
 「自分が嫌だ/違和感と思う事」に関しては
 嫌と思う頻度やレベルは人それぞれで

 ただ、聞いていて共感できなかったとしても
 否定するのではなく、全て受け入れるというか
 そういう考え方もあるんだ!と
 気付かされることも多くありましたね。

 これは多数派でも少数派でも同じことで
 よく私たち少数派が多数派の前で意見すると
 当たり前を押し付けられがちですが、
 当たり前は個々で異なるので、
 一旦そうなんだ、と受け入れる
 この姿勢がもっと広まっていけば
 もっと色んな事がスムーズに行って
 色んな人が幸せになれるんじゃねーの!て
 改めてそう思いました。

-コラム, ノンセクの出会い
-, , , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.