コラム

「ノンセクシャル」でもパートナーは欲しい!その心情とは

2020年4月27日

ノンセクシャルだからパートナーがいらない

にわ
そういう訳ではないんです。

他人に性的欲求を抱かないからと言って
相手がいらない訳ではないんです。
一番の理解者という存在は欲しいんです。
ちゃんと人とのお付き合いも大事にします。

そして恋愛に関しても出来ない、のではなく
色々な条件が必要なため、
自分と合った人、相性のいい人が
すごく少なくなるんです。
なので、見つけにくい。んですね。

これはノンセクだけにかかわらず、
LGBTのセクシュアルマイノリティの方々は
誰にでも当てはまる事だと思います。

その中でも更にマイノリティなノンセクの人が
理想と思える相手と出会う、
更にその相手と理想の関係性を築く際には

「ノンセクシャルに対して理解がある人」
「他人への性的欲求の無い同じノンセクの人」

普通に人として魅力的なだけでなく
・セクシュアリティに関しての理解がある人
・同じ欲求度の人

この二つが重要になるのかなと思ってきます。

そして相手が見つかったとしても
その相手とどういう関係性を築きたいのか

「恋人」になりたいのか
「家族」になりたいのか
「親友」になりたいのか

なりたい関係性は個人によって様々だと思います。

私もかなり自分の中でこの考えは
数年間繰り返し考えて
全く答えは見つかっていません!(笑)

ただ、付き合ったとしても
その先の行為に必要性を感じていない。
と言っても
相手が求めるのであれば

順応はできる気もする(性行為以外)

自分自身も恐らくそういう時が来たら
許容範囲も相手に応じながら
変わっていく可能性だってあります。

お互いにとってどういう選択肢が
最も幸せな道なのかは
一概にコレとは言えないし
決まっているものではない
かつ変わっていくものだと思います。

恋愛の優先順位や
恋愛そのものに対してのイメージ
自分や相手が許せる範囲
色んな物事の価値観が似ている人なら
一緒に歩いて行けるのかもしれないです。

答えの出ないことをつらつらと
述べるだけの記事となってしまいすいません(笑)
考えすぎる性格なこともありますが
実際はお気楽に生きております。(笑)

私も私なりの幸せを
将来は誰かと一緒に見つけていきたいですね。

-コラム
-, , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.