日記

ノンセクシャルが思うSNS上でのマイノリティな意見について

2020年8月10日

 ノンセクシャルの私はたまに思うんです。
 SNS上で色んな意見が書かれているのを見ると
 誰かが発言した言葉に
 ああ言えばこういう人達が沢山いて

 もっと誰もが誰に対しても
 良い意味で【無関心】【無干渉】でいたら
 皆が勝手に幸せになれるんじゃないのって。

 なんでそんな突っかかるんだろう
 なんでそこまで他人に干渉できるんだろう
 ってこんな事考えてる自分も
 他人に干渉してしまっているのか…( ^)o(^ )
 本末転倒…なのは内緒です( ^)o(^ )← 

 当事者にとっての幸せは
 当事者でしかわからない

 その幸せに対して
 他人がどうこう言う権利もない。
 ※勿論、犯罪とか、不倫とかは話が違うけども

 双方が周りに迷惑かけることなく
 純粋に幸せな気持ちなのであれば
 そこを邪魔する権利って無いだろって。

 マイノリティな人達の声を目にする時も
 勿論日々の生きにくさは
 多数派の人たちの当たり前の押し付けとか
 世間体とか、自分の周りの環境とか
 めちゃくちゃ自分自身も感じるときあります。

 ただ、それを批判する訳でもなくて
 多数派の人や、世間的には
 あぁそれが当たり前の幸せなんだなって
 全然理解してるし、別に否定するつもりもないし。
 ただ単純に「そうなんだ」ってだけで。

 だから、たまに少数派の人達の中でも
 多数派に対して持論を述べて
 攻撃的な意見を見た時に
 多数派も少数派もお互い様だなって
 少し思っています。

 【多数派】
 ・恋愛、結婚、出産は幸せなこと!
 ・異性と付き合うのが当たり前!
 ・恋人=Hするのが当たり前!

 【少数派】
 ・恋愛、結婚、出産が幸せとは限らない
 ・付き合うのは異性とは限らない
 ・恋人になりたくてもHしたいとは限らない

 
 上記は完全に個人的に
 よく言われる、聞くような内容を書いております。
 
 これらに対しては
 お互いの意見を否定から入るのではなく
 お互いの当たり前を双方がただただ
 
 「そうなんだ!」「そういう意見もあるのか!」
 
 そういう一言で受け止められたら
 どれだけ楽な世界になるのか。
 私は常々そう思います。

 そして将来的な選択肢として
 「異性同士」「二人」である事の条件が
 「同性同士」「複数人」で家庭を築けていけるような
 そんな世の中になればいいなと。
 自分はそんな生き方もしてみたいなと
 そう思ったりもするのです。。。!

 はい!という感じで
 今回は完全に個人的見解を含めた
 日々の鬱憤を述べていきました!

 たまにはここに吐き出していきたいと思います。 

-日記
-, , , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.