コラム

ノンセクが思う【恋愛】を「する」と「見る」の違い

2020年8月6日

ノンセクシャルの私が「恋愛」を見るのとするの違いについて
当事者なのか見る専門なのか、違いについて述べていきます。

少女漫画や恋愛小説、ラブストーリー
全て見るのは好きだけど
どうしても当事者として感情移入は出来ない!

そういう方どこかにいませんか?
ここにはいます←

ということで、、、

今回は恋愛において
【する側】【見る側】の視点で
つらつらと語っていきたいと思います。

私の場合
恋愛をする当事者になるのは
かなりハードルが高い事なんです。
ただただ何らかの行為を迫られた時に
圧倒的な嫌悪感を抱いてしまう。
特にトラウマも無いんですが
なんか、なんか無性に嫌なんですよね←

にわ
そんな目で見るなー

ただ!
見る分には良いんです。
※ただ見るといっても現実世界は厳しいので
 ドラマや映画、または漫画やアニメに限ります←

そう、私は完全に恋愛においては
【見る専門】なのです。はい。

にわ
恋愛はするものではなく見るものだ

見る専門といっても
色々と恋愛において【見る】ツールは
多々あると思います。見ていきましょう。

ドラマ・映画・舞台

 実際の人間が生身で
 架空のストーリー・キャラクターを演じる
 王道のラブストーリー!
 これは全然見れます!
 勿論役者さんの好みはありますが、
 綺麗なお姿の方々が画面上で恋愛を繰り広げる様
 絵面がとても美しい…そんな顔になりたい…
 ただ、こんなヒロインになりた~い!とか
 そういうキュンキュンする?ってのは
 全く分かりません。置き換え不可能。
 干からびてます。はい。

 実際に今はドラマや映画でも
 【同性愛】をテーマに描かれている作品も多くなってきて
 認知が広がっているのは、
 界隈にとっても良い事かもしれませんね。

恋愛小説

 文字が織りなす物語。
 昔は恋愛小説もめっちゃ読んでたんです
 それこそ「恋空」とか流行ったじゃないですか
 あの時点並みに分厚い本。回し読みしてましたね~。
 今では考えられない。ナゼダ。
 最早あれを読んでいた当時の自分は
 一体何を思っていたのかを文書化してほしい。

 今となっては小説を読むことも少なくはなりましたが
 文字での恋愛模様は全然苦ではないです。
 ただ個人的にはミステリーが好きです←

漫画・アニメ

 要は二次元のキャラクター達が織りなすものですね。
 個人的にはいくらでもどんとこい!
 多少の好みの差はあれど、いくらでも見てられます!
 BLや百合も全然見れます!多少過激でも!

 ただジャンルでいうと、ジャンプ系の熱いのに弱いです← 

YouTube

 最近ではカップルチャンネルなども増えてきて
 それこそ同性同士のチャンネルも多くなってきて
 そういう意味ではこういったツールでの情報発信は
 「認知」という面では凄く広まっていると思います。

 そういう認知が広まって、
 理解に繋がればいいなとは思うんですが
 個人としてはまだカップルチャンネルの良さは
 わからないんです・・・
 というのもやはり、
 ただただ【他人に興味がわかない】という部分が
 一番遠ざけている部分なんですね。ハイ

 後はただ下の事情とかを話したり
 キスとかいちゃこらを見せられたりするのが
 生々しくて見てられなくて、、、汗
 あくまで空想の世界というか
 役者さんが演じられるフィクションの世界
 それしか受け付けない、、んですよね汗

まとめ

 色々と見る側の目線でツールを挙げて話してきましたが
 何にせよ見る分には苦じゃないのですが
 それを自分に置き換えるのが無理」なんですよね。

 なので【恋愛】が絡む色んなシーン・演出があると思うんですが
 「自分もこうなりたい!」「羨ましい!」とかいう感情は
 一切湧かず、、、、当事者意識皆無状態なのです。

 ただただ見る立場として
 「美しい」「愛でたい」「素敵」「ずっと見てたい」
 という気持ちが湧くだけなのです。
 要は見るだけでお腹いっぱい。満たされるのです。

 書けば書くほど、やはり自分には【欲】が無いんだなと
 そう思わされますね(笑)

 でもきっとそういう人
 中には沢山いるんじゃないでしょうか。 
 それで幸せと思えるなら
 良いのではないでしょうか。

-コラム
-, , ,

Copyright© いたしたくないノンセクブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.